宅地建物取引業法では、宅地・建物の売買契約を行う場合、物件と取引についての重要な事項の
説明をしなければならなくなっています。
その際には
①重要事項説明の時は、宅地建物取引主任者は、宅地建物取引主任者証を見せなければならない。
重要事項を書いた書面を交付しなければならない。
③重要事項説明書には、取引主任者の記名押印が必要。
 となっております。
説明を受ける際には、納得のいくまで説明を受ける。疑問に思ったことは必ず聞く。ことです。
弊社では、お客様の立場になって、専門用語を多用せず、お客様に分かりやすく、納得できるまでの
重要事項説明を心がけております。
疑問に思ったことは、何でもお聞き下さい。

重要事項説明って何ですか?受けなければいけませんか?