敷地は原則として幅員4メートル以上の道路に接していなければなりません。
ただ、例外として4メートル未満であっても良い場合があり、このような道路は「みなし道路」とか、
建築基準法42条2項に規定されていることから「2項道路」などと呼ばれています。

こうした道路に接している敷地では、道路との境界線を、
原則として道路の中心線から2メートル以上後退させなければなりません。これを「セットバック」といいます。
セットバックした部分は道路と見なされるので、その部分に建物を建築することはできませし、
門や塀や擁壁、花壇さえも建築することはできません。
建ぺい率・容積率の計算の基になる敷地面積に含めることもできません。
不動産広告では、セットバックが必要な面積が、敷地面積の10%以上ある場合は、
「要セットバック○平米」といった形で表示する必要があり、
すでに後退を実施している場合は「セットバック済み」と表示されます。

広告やホームページで「セットバック」という文字を見かけることがありますが、
「セットバック」とはどういう意味ですか?