初めての不動産取引は不安ですね。「国土交通大臣(○)第△△△号」、「××県知事(○)第△△△号」
などと記されているのは、宅地建物取引業免許(いわゆる宅建免許)といい、不動産業(宅地建物取引業)
を行うのに必要な免許です。
2つ以上の都道府県に事務所を設置する場合は「国土交通大臣免許」、
ひとつの都道府県内にだけ事務所を設置する場合は「知事免許」が必要となります。
両者の違いは、複数の都道府県に事務所があるかないかで、どちらも全国の物件を取り扱うことができます。
実質的な業務は変わらず、優劣もありません。
カッコ内に入る数字は、5年ごとの更新を行うたびにひとつ増えていきます。
例えば(5)なら、4回更新を行ったことになります。一般的に、カッコ内の数字が多い免許を持つ不動産会社は、
それだけ長く営業し、実績もあると考えて問題ありません。
ただし、数字だけが多くても、社員が入れ代わっていたりするケースなども考えられます。
また逆に、若い数字の会社でも、経験豊富で行動力のあるスタッフが集まっている場合もあります。
数字はあくまでも目安として見た方がよいでしょう。

弊社は愛知県知事(7)15133号です。経験豊富なスタッフがお客様をお待ちしております。
不動産広告や看板などで「愛知県知事(○)号」、「国土交通省(○)号」と記載されていますが、
何が違いますか?国土交通省のほうがいいのですか?
( )内の数字は不動産業の継続年数ですか?信頼できる不動産会社と契約したいので
教えてください。